yum updateでエラー

Fedora Core 5のyum updateの自動実行で、以下のようなエラーメールが来るようになった。

/etc/cron.daily/yum.cron:
Cannot find a valid baseurl for repo: updates
Error: Cannot find a valid baseurl for repo: updates
Cannot find a valid baseurl for repo: core

Software Updateも使えなくなっていた。
以下のリンク先を参考にして、ミラーリストを設定したら解決。
Fedora 5 インストール個人的ノート

キーチェーンが壊れたら

キーチェーンが壊れたら、キーチェーンを修復する。

  1. 「アプリケーション」>「ユーティリティ」>「キーチェーンアクセス」を開き、「キーチェーンアクセス」>「Keychain First Aid」と選択。
  2. ユーザ名とパスワードを入力。
  3. 「検証」を選択し、「開始」をクリック。検出されたすべての問題が表示される。
  4. 問題がある場合は、「修復」を選択し、「開始」をクリック。

詳しくは、Macヘルプで「キーチェーン」で検索。

max_allowed_packet

大量データのINSERT文のSQLを実行できない場合は、max_allowed_packetを大きくする。
my.cnf

[mysqld]
default-character-set = utf8
set-variable = max_allowed_packet=128M

MAMPのMySQLのmy.cnf

MAMPのMySQLのmy.cnfファイル - いろいろメモ
MAMPのMySQLのmy.cnfは、
$MAMP_DIR/db/mysql/my.cnf
初期状態ではmy.cnfは存在しないので、作成する。
サンプルが以下に用意されているのでコピーして使ってもよい。
/Applications/MAMP/Library/share/mysql/my-large.cnf
/Applications/MAMP/Library/share/mysql/my-midium.cnf
/Applications/MAMP/Library/share/mysql/my-small.cnf
my.cnfの書き方は、
http://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/option-files.html

作業コピーにあるすべてのバージョン化されていないオブジェクトを再帰的に追加する

Subversion によるバージョン管理

通常、コマンドsvn add *はすでにバージョン管理下にあるすべてのディレクトリを飛ばします。しかし作業コピーにあるすべてのバージョン化されていないオブジェクトを再帰的に追加したいこともあるでしょう。svn addに --forceオプションを渡すと既にバージョン化されているディレクトリにも再帰的に降りていきます:

$ svn add * --force
A         foo.c
A         somedir/bar.c
A         otherdir/docs/baz.doc
…

バージョン化されていないディレクトリとファイルをすべてaddして、
紛失ファイルをdelete後にcommitする

$ svn add * --force
$ svn commit
svn: Commit failed (details follow):
svn: Directory <path><file> is missing
$ svn delete <file>
D         <file>
$ svn commit

しかし、svn add * --force では、実行したディレクトリ直下のsvn:ignore属性に設定したファイルやディレクトリも追加されてしまう。
なので、以下のようにいったんadd * --forceで追加した後、無視ファイルをrevertする必要がある。

$ svn add * --force
A         ignore.txt
A         ignoredir
A         ignoredir/ignore.txt
$ svn revert --depth infinity ignore.txt ignoredir/
'ignore.txt' を元に戻しました
'ignoredir' を元に戻しました
$ svn commit

何かもっといい方法はないのだろうか?

svnだけではうまい方法はない。svn status の出力をsedでフィルタしてsvn add にリダイレクトするaliasを設定するとよい。
以下をご覧ください。
無視ファイル以外をまとめて svn add、紛失ファイルをまとめてsvn del