macOS(10.12 Sierra以降)でログを見る

概要

`log`を使う。

リアルタイムで見るなら
`log stream`
過去のログを検索するなら
`log show`

cron

$ log stream --info --predicate 'process == "cron"'
$ log show --info --predicate 'process == "cron"' --start '2017-05-25'

postfix

$ log stream --info --predicate '(process == "smtp") || (process == "smtpd")'
$ log show --info --predicate '(process == "smtp") || (process == "smtpd")' --start '2017-05-25'

指定するprocess名が分からない場合は

$ log show --info --start '2017-11-08' | grep 'xxx'

などとして、process名の当たりをつけて、predicateに指定するといいだろう。

ブラウザの全画面表示

Windows

  • IE, Chrome
    F11
  • Edge
    Shift + Win + Enter

Mac

  • Safari, Chrome
    Ctrl + Command + F
    タブやアドレスバー等のツールバーが表示される場合は、メニューの「全画面表示でツールバーを常に表示する」をオフにする。(または Shift + Command + F)
  • Firefox
    アドレスバーを非表示にできないようだ。

iOS, Android

  • HTMLのmetaタグで、apple-mobile-web-app-capable を yes に設定しておく。
    <meta name="apple-mobile-web-app-capable" content="yes" />
    
  • ページを「ホーム画面に追加」してホーム画面のアイコンから開く。

スワップ領域の作成

# dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=1M count=2048
2048+0 レコード入力
2048+0 レコード出力
2147483648 バイト (2.1 GB) コピーされました、 22.799 秒、 94.2 MB/秒
# mkswap /swapfile
スワップ空間バージョン1を設定します、サイズ = 2097148 KiB
ラベルはありません, UUID=xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx
# swapon /swapfile
swapon: /swapfile: 安全でない権限 0644 を持ちます。 0600 がお勧めです。
# chmod 600 /swapfile

/etc/fstab

/swapfile none swap defaults 0 0

確認

# swapon -s
Filename				Type		Size	Used	Priority
/swapfile                              	file	2097148	0	-1