navigator.userAgentを偽装してくれるFirefoxのアドオン User-Agent JS Fixer

Extends the functionality of other User-Agent addons, allowing them to modify the User-Agent for JavaScript code.

情報源: User-Agent JS Fixer :: Add-ons for Firefox

Javascriptのnavigator.userAgentを偽装してくれるFirefoxのアドオン。
このアドオンは、navigator.userAgentを、送信したHTTPヘッダーのUser-Agentと同じにする(だけ)。
HTTPリクエストヘッダーのUser-Agentを変更するアドオンと一緒に使う。
FireMobileSimulatorと一緒に使うと便利。

Ubuntuでコアダンプが出力できないことがある

Ubuntu(14.04 LTS)で、コアダンプが出力できない場合があるという現象が発生した。
できる場合もある。プログラムによる。

以下のように、ulimitは問題ない。

$ ulimit -c unlimited
$ ulimit -a
core file size          (blocks, -c) unlimited
data seg size           (kbytes, -d) unlimited
scheduling priority             (-e) 0
file size               (blocks, -f) unlimited
pending signals                 (-i) 15739
max locked memory       (kbytes, -l) 64
max memory size         (kbytes, -m) unlimited
open files                      (-n) 1024
pipe size            (512 bytes, -p) 8
POSIX message queues     (bytes, -q) 819200
real-time priority              (-r) 0
stack size              (kbytes, -s) 8192
cpu time               (seconds, -t) unlimited
max user processes              (-u) 15739
virtual memory          (kbytes, -v) unlimited
file locks                      (-x) unlimited

コアダンプの出力先を確認。

$ sudo sysctl -a | grep core_pattern
kernel.core_pattern = |/usr/share/apport/apport %p %s %c %P

Ubuntu(14.04 LTS)では、デフォルトでcore_patternがapportを使用するように設定されていた。

コアダンプが出力されるケースでは、カレントディレクトリにcoreというファイルが出力される。
コアダンプが出力されないケースでは、apportでエラーが発生していた。

/var/log/apport.log

ERROR: apport (pid 3480) Tue May 12 18:48:31 2015: called for pid 3479, signal 6, core limit 18446744073709551615
ERROR: apport (pid 3480) Tue May 12 18:48:31 2015: ignoring implausibly big core limit, treating as unlimited
ERROR: ERROR: apport (pid 3480) Tue May 12 18:48:31 2015: Unhandled exception:
Traceback (most recent call last):
  File "/usr/share/apport/apport", line 357, in <module>
    (info['ExecutablePath'], info['ProcCmdline']))
  File "/usr/share/apport/apport", line 99, in error_log
    apport.error('apport (pid %s) %s: %s', os.getpid(), time.asctime(), msg)
  File "/usr/lib/python3/dist-packages/apport/__init__.py", line 44, in error
    sys.stderr.write(msg % args)
UnicodeEncodeError: 'ascii' codec can't encode character '\ufffd' in position 143: ordinal not in range(128)
ERROR: apport (pid 3480) Tue May 12 18:48:31 2015: pid: 3480, uid: 0, gid: 0, euid: 0, egid: 0
ERROR: apport (pid 3480) Tue May 12 18:48:31 2015: environment: environ({})

apportでエラーになっているから、コアダンプが出力されないのだ。
pythonのエラーのようだがよく分からないので、core_patternにapportを使用しないよう設定することにした。

# echo 'core.%e.%p' > /proc/sys/kernel/core_pattern
$ ulimit -c unlimited
$ cat segfault.c
#include <stdio.h>

int main(void)
{
  char *s = "hello, world!";
  *s = 'H';

  return 0;
}
$ gcc -Wall -g -o segfault segfault.c
$ ./segfault 
Segmentation fault (コアダンプ)
$ ls
core.segfault.3423  segfault  segfault.c

echoで変更した設定は、システム再起動後には無効になってしまう。
変更を永続化するためには、/etc/sysctl.confに設定する。

情報源: E.4. sysctl コマンドの使用

/etc/sysctl.conf

kernel.core_pattern = core.%e.%p

しかし、なぜかシステムを再起動すると、apportを使用するように設定が戻ってしまっている。
システム起動時のapport起動で、設定を上書きしているらしい。
情報源: 12.04 - How to permanently edit the core_pattern file? - Ask Ubuntu
これを止めさせるには、apportを無効にして再起動する。

/etc/default/apport

# set this to 0 to disable apport, or to 1 to enable it
# you can temporarily override this with
# sudo service apport start force_start=1
#enabled=1
enabled=0