FCKeditor

FCKeditor - The text editor for Internet
http://blogsearch.google.co.jp/blogsearch?hl=ja&q=FCKeditor&btnG=%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja

format_dateのフォーマット指定子

i18n/sfDateTimeFormatInfo.class.php


 *  Format Character    Associated Property     Example Format Pattern (en-US)
 *  --------------------------------------------------------------------------
 *  d                   ShortDatePattern        MM/dd/yyyy 
 *  D                   LongDatePattern         dddd, dd MMMM yyyy 
 *  F                   FullDateTimePattern     dddd, dd MMMM yyyy HH:mm:ss
 *  m, M                MonthDayPattern         MMMM dd 
 *  r, R                RFC1123Pattern          ddd, dd MMM yyyy HH':'mm':'ss 'GMT'
 *  s                   SortableDateTimePattern yyyy'-'MM'-'dd'T'HH':'mm':'ss 
 *  t                   ShortTimePattern        HH:mm 
 *  T                   LongTimePattern         HH:mm:ss 
 *  Y                   YearMonthPattern        yyyy MMMM 
 *  --------------------------------------------------------------------------

ログを表示するのに便利なtail

UNIXのtailコマンドがログを表示するのに便利。
Windows用のtailコマンドは、
http://unxutils.sourceforge.net/(ダウンロードはリンク切れ?)
GUIベースは
http://tailforwin32.sourceforge.net/

tail -f [ファイル]

tailのヘルプ

使用法: tail [オプション]... [ファイル]...
各々の FILE の最後の 10 行を標準出力に書き出します.
複数の FILE が指定された場合は, ファイル名がヘッダ情報として出力されます.
FILE が指定されないか, FILE が - の場合は, 標準入力が読まれます.
長いオプションに必須の引数は短いオプションにも必須です.
      --retry              keep trying to open a file even if it is
                           inaccessible when tail starts or if it becomes
                           inaccessible later; useful when following by name,
                           i.e., with --follow=name
  -c, --bytes=N            output the last N bytes
  -f, --follow[={name|descriptor}]
                           ファイルが大きくなるたびに追加されたデータを出力
                           -f, --follow および --follow=descriptor は同じ
  -F                       --follow=name --retry と同じ
  -n, --lines=N            最後の 10 行ではなく N 行を出力
      --max-unchanged-stats=N
                           --follow=name とともに使い, 入力ファイルが削除
                           されていたり名前が変更されていないかどうかの確認を
                           N (標準 5) 回繰り返した後に大きさが変わっていない
                           ファイルを再度開く (これは rotate されたログ
                           ファイルなどに有効である)
      --pid=PID            with -f, terminate after process ID, PID dies
  -q, --quiet, --silent    never output headers giving file names
  -s, --sleep-interval=S   with -f, sleep for approximately S seconds
                           (default 1.0) between iterations.
  -v, --verbose            always output headers giving file names
      --help     この使い方を表示して終了
      --version  バージョン情報を表示して終了
If the first character of N (the number of bytes or lines) is a `+',
print beginning with the Nth item from the start of each file, otherwise,
print the last N items in the file.  N may have a multiplier suffix:
b 512, k 1024, m 1024*1024.
--follow (-f) を指定すると, tail は標準でファイル記述子を追尾します. つまり
tail されたファイルの名前が変更されても, tail はその終端を追いかけ続けます.  この標準の動作は, ファイル記述子ではなく, そのファイルの実態を追いかけたい場合
には好ましくありません (例えばログの rotate など). この場合は --follow=name を
を使ってください. これにより tail コマンドは, 何か他のプログラムによって
ファイルが削除されたり再作成されたかどうかを調べて定期的にファイルを開き直す
ことで, その名前のファイルを追いかけるようになります.

Windows