Pistolfly のすべての投稿

Software Engineer in Tokyo, Japan

subjectAltNameが設定されていない証明書はChromeで NET::ERR_CERT_COMMON_NAME_INVALID エラー

開発環境用に自己署名のSSL証明書を使っているサイトにChromeでアクセスしたら、
「この接続ではプライバシーが保護されません NET::ERR_CERT_COMMON_NAME_INVALID」というエラーになった。

自己署名証明書(Self-signed certificate)だが、クライアント側はMacではキーチェーンアクセスに登録してx.509基本ポリシーを「常に信頼」にしているし、Windowsでは「コンピューター証明書の管理」で「信頼されたルート証明機関」に登録してある。
CN(Common Name)とアクセスしているホスト名も一致している。

Chrome以外のブラウザでは問題ない。
Chromeでも問題なくアクセスできていたが、急にエラーになるようになった。

エラーメッセージに「このサーバーのセキュリティ証明書は[missing_subjectAltName]から発行されています。」とあるので、証明書にsubjectAltNameが設定されていないことが関係しているようだ。

原因

Chrome 58 以降で、ドメイン名と証明書の照合にcommonNameが使われず、subjectAlternativeNameのみを使用するようになった。(ただし、Chrome 65 までは、EnableCommonNameFallbackForLocalAnchorsを設定すればcommonNameを使用できるらしい。)

https://support.google.com/chrome/a/answer/7391219?hl=en

解決方法

subjectAltNameを設定した自己署名証明書を作成する

openssl.cnfをコピーしたファイルにsubjectAltNameを設定して証明書作成時に指定する。

  1. openssl.cnfをコピー(下記はRedHat系の例。openssl.cnfの場所は環境によって読み替える。)
    $ cp /etc/pki/tls/openssl.cnf my-server.example.com.cnf
    
  2. コピーした設定ファイルのreqセクションのx509_extensionsがv3_caになっているので、v3_caセクションにsubjectAltNameを追加すればよさそうだ。
    $ vi my-server.example.com.cnf
    
    [ req ]
    ...
    x509_extensions = v3_ca # The extentions to add to the self signed cert
    ...
    

    v3_caセクションにsubjectAltNameを設定

    [ v3_ca ]
    ...
    subjectAltName=DNS.1:my-server.example.com
    ...
    

    subjectAltNameを複数設定することもできる。

    subjectAltName=DNS.1:my-server.example.com,DNS.2:my-server2.example.com
    

    詳しくは、`man 5 x509v3_config` を参照。

  3. 秘密鍵の作成
    $ openssl genrsa -out my-server.example.com.key 2048
    
  4. 証明書の作成(-configに作成した設定ファイルを指定する
    $ openssl req -new -x509 -days 36500 -sha256 -config my-server.example.com.cnf -key my-server.example.com.key -out my-server.example.com.crt
    

CentOS6にsclのdevtoolsetをインストール

CentOS6でnodejs(v6.9.1)をビルドしようとしたら、makeでエラーになった。
gccとg++の4.8以降が必要だが、CentOS6のgccは4.4.7だからだ。

node-v6.9.1/BUILDING.md

Prerequisites:

* `gcc` and `g++` 4.8 or newer, or
* `clang` and `clang++` 3.4 or newer
* Python 2.6 or 2.7
* GNU Make 3.81 or newer

そこで、sclでgccとg++の4.8以降をインストールしてビルドすることにした。

$ sudo yum install centos-release-scl
$ sudo yum install scl-utils
$ sudo yum install devtoolset-4-gcc devtoolset-4-gcc-c++ devtoolset-4-binutils
$ scl enable devtoolset-4 bash
$ gcc --version
gcc (GCC) 5.2.1 20150902 (Red Hat 5.2.1-2)
Copyright (C) 2015 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions.  There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

devtoolset-3、devtoolset-4がある。devtoolset-4にしてみた。
devtoolset-4で全部インストールすると大量なので、nodejsのビルドに必要なgcc、g++とbinutilsのみインストールした。

$ scl enable < コレクション1> [< コレクション2> ...] bash

で、インストールしたコレクションが利用できる環境がセットされたbashが起動する。

Mac OS XのtopはCPU順でない

Mac OS XのtopはデフォルトがCPU順でない。pidの降順となっている。
ソートを変更するには、

$ top -o cpu

または

$ top -o -cpu

で起動するか、top起動後に、o と入力後、cpu(または-cpu) と入力してReturnキーを押す。

+を付けると昇順になる。

その他のソート可能項目については、man top を参照。

CentOS 6.7のyum updateでエラー `http://mirror.centos.org/centos/6/SCL/x86_64/repodata/repomd.xml: [Errno 14] PYCURL ERROR 22 - "The requested URL returned error: 404 Not Found"`

CentOS release 6.7 (Final)

yum updateで以下のエラー

http://mirror.centos.org/centos/6/SCL/x86_64/repodata/repomd.xml: [Errno 14] PYCURL ERROR 22 - "The requested URL returned error: 404 Not Found"
他のミラーを試します。
エラー: Cannot retrieve repository metadata (repomd.xml) for repository: scl. Please verify its path and try again

解決方法

$ sudo yum remove centos-release-SCL
$ sudo yum update # CentOS-6.8にアップデート
$ sudo yum install centos-release-scl
$ sudo yum update

情報源: 0010925: Yum update fails on a 404 returned from http://mirror.centos.org/centos/6/SCL/x86_64/repodata/repomd.xml - CentOS Bug Tracker

Androidアプリのパッケージファイル(apk)を実機にインストールする

adb install -r <apkのパス>
  • -rは、既存のアプリを上書きする。
  • 複数のデバイスが接続されている場合は、-s オプションでデバイスのシリアル番号を指定する。
    デバイスのシリアル番号は、

    $ adb devices
    

    で確認できる。

例:

$ adb -s emulator-5554 install -r /Users/pistolfly/AndroidstudioProjects/MyApp/app/app-release.apk

Androidエミュレータや実機にテキストをペーストする

$ adb shell input text 'ペーストしたい文字列'
  • adbのパスは、Android StudioのProject SturctureのSDK Locationで確認して、環境変数PATHに加えておく。
  • 複数のデバイスが接続されている場合は、-s オプションでデバイスのシリアル番号を指定する。
    デバイスのシリアル番号は、

    $ adb devices
    

    で確認できる。

  • ペーストしたい文字列をシングルクォート(')で囲っていても、シェルのメタ文字や$0、$1...等が展開されてしまうようだ。
    メタ文字や$はバックスラッシュ(\)でエスケープすること。

例:

$ adb -s emulator-5554 shell input text 'ペーストしたい文字列'