Change PATH environment with Rails and Capistrano

Capfileに

load 'deploy/assets'

を追加すると、デプロイ時にassets:precompileを実行できるが、assets:precompile実行時に、

/usr/bin/env:
ruby
: そのようなファイルやディレクトリはありません

というエラーになってしまった。
ssh経由でのshellの実行時にPATHが通っていないのが原因と思われる。

解決方法

CapistranoでPATH等の環境変数を設定するには、:default_environmentを使う。

set :default_environment, {
  'PATH' => "/opt/ruby-enterprise-1.8.7-2011.03/bin:$PATH"
}

Change PATH environment with Rails and Capistrano - pastbedti.me
How do I configure capistrano to use my rvm version of Ruby - Stack Overflow
プリコンパイルする場合、config/environments/production.rbで、

config.assets.compile = false

にするが、assetsにapplication.js, application.css以外のjs、cssを使う場合は、以下のようにconfig.assets.precompileに追加する必要がある。追加しないと、smart_phone.css isn't precompiled のようなエラーになる。
config/environments/production.rb

config.assets.compile = false
# Precompile additional assets (application.js, application.css, and all non-JS/CSS are already added)
config.assets.precompile += %w( smart_phone.css web_app_theme.css )

mod_proxyでバックエンドのサーバがダウンすると復旧しても 503 Service Temporarily Unavailable

mod_proxyでバックエンドのサーバがいったんダウンすると、復旧しても一定時間(デフォルトでは60秒)は 503 Service Temporarily Unavailable になってしまう。
リトライするまでの時間は、ProxyPassディレクティブ の retry パラメータで指定することができる。
(ProxyPass ディレクティブのスキームが balancer:// で始まる場合は、対応する <Proxy> セクション中の BalancerMember ディレクティブに retry パラメータを指定できる。)

ProxyPass / http://localhost:3000/ retry=5
ProxyPassReverse / http://localhost:3000/
ProxyPass / balancer://mycluster/
ProxyPassReverse / balancer://mycluster/
<Proxy balancer://mycluster/>
  BalancerMember http://localhost:9001 loadfactor=10 retry=5
  BalancerMember http://localhost:9002 loadfactor=10 retry=5
  BalancerMember http://localhost:9003 loadfactor=10 retry=5
</Proxy>

mod_proxy - Apache HTTP サーバ
ProxyPass には retry=?? を指定しておく - daily dayflower
BalancerMemberにはretry=??を指定しておく - cys b

CentOSにRVMをマルチユーザ用にインストール

マルチユーザ用にRVMをインストール

マルチユーザ用にRVMをインストールするには、sudo でインストールする。
RVM: Ruby Version Manager - Installing RVM

$ sudo bash -s stable < <(curl -s https://raw.github.com/wayneeseguin/rvm/master/binscripts/rvm-installer )
Downloading RVM from wayneeseguin branch stable
curl: (60) SSL certificate problem, verify that the CA cert is OK. Details:
error:14090086:SSL routines:SSL3_GET_SERVER_CERTIFICATE:certificate verify failed
More details here: http://curl.haxx.se/docs/sslcerts.html
curl performs SSL certificate verification by default, using a "bundle"
 of Certificate Authority (CA) public keys (CA certs). The default
 bundle is named curl-ca-bundle.crt; you can specify an alternate file
 using the --cacert option.
If this HTTPS server uses a certificate signed by a CA represented in
 the bundle, the certificate verification probably failed due to a
 problem with the certificate (it might be expired, or the name might
 not match the domain name in the URL).
If you'd like to turn off curl's verification of the certificate, use
 the -k (or --insecure) option.
Could not download 'https://github.com/wayneeseguin/rvm/tarball/stable'.
  Make sure your certificates are up to date as described above.
  To continue in insecure mode run 'echo insecure >> ~/.curlrc'.

curlのSSL証明書の検証でエラーになった。
CA証明書が古いらしい。
新しいCA証明書を取得する。

CA証明書のアップデート

$ sudo mv /etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt /etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt.bak # バックアップ
$ sudo curl http://curl.haxx.se/ca/cacert.pem -o /etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt

curlでまたSSLのエラーが出たので対処 - kanonjiの日記
cURL - Details on Server SSL Certificates
cURL - Extract CA Certs from Mozilla
再度sudoでRVMをインストール。

$ sudo bash -s stable < <(curl -s https://raw.github.com/wayneeseguin/rvm/master/binscripts/rvm-installer )
Downloading RVM from wayneeseguin branch stable
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100  796k  100  796k    0     0   170k      0  0:00:04  0:00:04 --:--:--  340k
Installing RVM to /usr/local/rvm/
installing - /usr/local/rvm/man/man1/rvm.1 -
installing - /usr/local/rvm/man/man1/rvm.1.gz -
    Creating RVM system user group 'rvm'
# RVM:  Shell scripts enabling management of multiple ruby environments.
# RTFM: https://rvm.beginrescueend.com/
# HELP: http://webchat.freenode.net/?channels=rvm (#rvm on irc.freenode.net)
# Screencast: http://screencasts.org/episodes/how-to-use-rvm
# In case of any issues read output of 'rvm requirements' and/or 'rvm notes'
Installation of RVM in /usr/local/rvm/ is complete.
# XXXXXXXXX,
#
#   Thank you for using RVM!
#   I sincerely hope that RVM helps to make your life easier and more enjoyable!!!
#
# ~Wayne

sudoでマルチユーザ用にインストールすると、RVMは /usr/local/rvm にインストールされる。

sudoを使うのは、RVM自体のインストール時のみ。

以降の操作は、sudoを使わない。rvm installやgem install など、/usr/local/rvm 下に書き込む操作は、rvmグループに所属しているユーザで行う。(/usr/local/rvmのグループがrvmになっている。)
RVM: Ruby Version Manager - Troubleshooting RVM
RVM をマルチユーザー用にセットアップする: ひ日記
ユーザのグループにrvmを追加。

# usermod -a -G rvm <ユーザ名>

ユーザをrvmグループに追加したら、いったんログアウトしてから、rubyやgemをインストール。
sudo しない。

$ rvm install 1.9.3
$ rvm use 1.9.3
$ gem install rails

RVMのアップデートも、sudoを使わず、rvmsudoを使う。

$ rvmsudo rvm get latest

OS X Lion で postfixを設定する

ローカル開発環境用に Mac OS X Lion に postfix を設定する。
Mac OS X には最初からpostfixが入っているので、まず Lion でそのままの設定で postfix を起動してみる。

$ sudo postfix start

メール送信すると、以下のエラー。
/var/log/mail.log

postfix/smtpd[3475]: fatal: open /etc/postfix/submit.cred: No such file or directory
postfix/master[3282]: warning: process /usr/libexec/postfix/smtpd pid 3475 exit status 1
postfix/master[3282]: warning: /usr/libexec/postfix/smtpd: bad command startup -- throttling

ログを見ると、/etc/postfix/submit.cred が存在しないというエラー。
OS X Lion postfix smtpd problems: Apple Support Communities
/etc/postfix/submit.cred を作成し、パーミッションを設定。

$ sudo touch /etc/postfix/submit.cred
$ sudo chmod 600 submit.cred

/etc/postfix/submit.cred

submitcred version 1
hostname|user|password

※ hostname、user、passwordは、実際の送信したいユーザのものに置き換える。
※ submit.credは、空行が含まれていると、
warning: syntax error on line 2 of /etc/postfix/submit.cred
という警告が出るようなので、空行は入れない。

/etc/postfix/main.cf

$myhostname = macbook-pro.local
$mydomain = macbook-pro.local
myorigin = $mydomain
inet_interfaces = all
# 以下の行があったらコメントアウト
#inet_interfaces = loopback-only

自動起動の設定

/System/Library/LaunchDaemons/org.postfix.master.plist

  • -e オプション(プロセスが終了するまでの時間)をコメントアウト。
  • OnDemand を false に設定。
<plist version="1.0">
<dict>
        <key>Label</key>
        <string>org.postfix.master</string>
        <key>Program</key>
        <string>/usr/libexec/postfix/master</string>
        <key>ProgramArguments</key>
        <array>
                <string>master</string>
<!--
                <string>-e</string>
                <string>60</string>
-->
        </array>
        <key>QueueDirectories</key>
        <array>
                <string>/Library/Server/Mail/Data/spool/maildrop</string>
        </array>
        <key>AbandonProcessGroup</key>
        <true/>
        <key>OnDemand</key>
        <false/>
</dict>
</plist>
$ sudo launchctl unload /System/Library/LaunchDaemons/org.postfix.master.plist 
$ sudo launchctl load /System/Library/LaunchDaemons/org.postfix.master.plist

Subversion1.5以降でのブランチとマージ

Subversion 1.5 以降では、Merge Tracking 機能により、マージが楽になった。
フィーチャーブランチの典型的なマージ手順をメモしておく。
※以下の例で使用している、作業コピーのリポジトリーのルートディレクトリーのURLを表すキャレット (^) 記法は、Subversion 1.6 以降で可能です。

ブランチ作成

$ cd <いずれかの作業コピーのパス> # キャレット記法を使うために作業コピーに移動。フルでURL指定するなら不要。
$ svn cp ^/trunk ^/branches/br1

ブランチとtrunkの差分表示

$ cd <いずれかの作業コピーのパス> # キャレット記法を使うために作業コピーに移動。フルでURL指定するなら不要。
$ svn diff ^/trunk ^/branches/br1

trunkの最新をブランチにマージ

branchでの作業期間中、これを定期的に行う。

$ cd <ブランチの作業コピーのパス>
$ svn up # 作業コピーを最新にしておく
$ svn st # 作業コピーがクリーンであることを確認しておく
$ svn merge ^/trunk # ブランチの作業コピーにtrunkの最新をマージ
$ svn commit

ブランチをtrunkにマージ

branchでの修正が完了したら、最後にbranchをtrunkにマージする。
--reintegrate オプションが必要。

$ cd <trunkの作業コピーのパス>
$ svn up # 作業コピーを最新にしておく
$ svn merge --reintegrate ^/branches/br1
$ svn commit

いったん --reintegrate でマージされたブランチはもう使えない。
いったん削除する必要がある。

$ svn delete ^/branches/br1

ブランチでの作業を再開したい場合は、一度削除してから、ブランチを再作成する。

$ svn cp ^/trunk ^/branches/br1

削除したブランチのログを見たい

ブランチを削除しても、全てのリビジョンは残っているので、レポジトリのルートURLやブランチのルートURLなどに対して svn log すればよい。

$ cd <いずれかの作業コピーのパス> # キャレット記法を使うために作業コピーに移動。フルでURL指定するなら不要。
$ svn log ^/
$ svn log ^/branches

Basic Merging