「MySQL」カテゴリーアーカイブ

MySQL InnoDBでAUTO_INCREMENTの値が戻る

【MySQL】AUTO_INCREMENTの値が戻る@InnoDBエンジンのテーブル at softelメモ.

スロークエリログを取得する

  • my.cnf(MySQL 5.1)
    [mysqld]
    # スロークエリログの出力先
    log_slow_queries = /var/log/mysql-slow.log
    # これより実行に時間がかかる SQL ステートメントをロギング(秒)
    long_query_time = 2
    # インデックスを使用しないクエリをロギング
    #log-queries-not-using-indexes
    # 管理ステートメントもロギング
    #log-slow-admin-statements
    
  • my.cnf(MySQL 5.5以降)
    [mysqld]
    # スロークエリログを有効にする
    slow_query_log=1
    # スロークエリログの出力先
    slow_query_log_file=/var/log/mysql-slow.log
    # これより実行に時間がかかる SQL ステートメントをロギング(秒)
    long_query_time = 2
    # インデックスを使用しないクエリをロギング
    #log-queries-not-using-indexes
    # 管理ステートメントもロギング
    #log-slow-admin-statements
    
  • 空のログファイルを作成し、パーミッションを設定後、mysqldを再起動する。
    # touch /var/log/mysql-slow.log
    # chown mysql:mysql /var/log/mysql-slow.log
    # service mysqld restart
    
  • ログをクリアする場合は、
    # :> /var/log/mysql-slow.log
    

クエリキャッシュ

クエリキャッシュの設定

my.cnf

[mysqld]
query_cache_size=64M
query_cache_type=2

query_cache_type には、以下のいずれかを指定できる。
0: (OFF) キャッシュを行わない、または キャッシュした結果の読み出しを行わない。
1: (ON) SELECT SQL_NO_CACHE で始まるステートメント以外のキャッシュ。
2: (DEMAND) SELECT SQL_CACHE で始まるステートメントだけのキャッシュ。

クエリキャッシュのステータスを確認

mysql> show status like 'Qcache%';
+-------------------------+----------+
| Variable_name           | Value    |
+-------------------------+----------+
| Qcache_free_blocks      | 1        | 
| Qcache_free_memory      | 66674696 | 
| Qcache_hits             | 8        | 
| Qcache_inserts          | 41       | 
| Qcache_lowmem_prunes    | 0        | 
| Qcache_not_cached       | 1145     | 
| Qcache_queries_in_cache | 41       | 
| Qcache_total_blocks     | 88       | 
+-------------------------+----------+
8 rows in set (0.00 sec)

クエリキャッシュのデフラグメント

mysql> FLUSH QUERY CACHE;

クエリキャッシュからクエリ結果を削除

mysql> RESET QUERY CACHE;

MySQL :: MySQL 5.1 リファレンスマニュアル :: 4.13 MySQL クエリ キャッシュ

innodb_log_file_sizeの変更

innodb_log_file_size を変更する場合は、ログファイルをいったん削除して再作成する必要がある。
具体的には以下のような手順になる。

my.cnfを編集

/etc/my.cnf

[mysqld]
innodb_buffer_pool_size=512M
innodb_log_file_size=128M

シャットダウンと同時にテーブルスペースへデータを反映させるよう設定

$ mysql -u root -p
mysql> SET GLOBAL innodb_fast_shutdown=0;

mysqldを停止

# /etc/init.d/mysqld stop

ログをリネーム

# cd /var/lib/mysql/
# mv ib_logfile0 ib_logfile0.bak
# mv ib_logfile1 ib_logfile1.bak

mysqldを開始

# /etc/init.d/mysqld start

MySQLの「innodb_buffer_pool_size」と「innodb_log_file_size」の設定 - FlatLabs

mysqldumpで出力したファイルのインポートで error at line xxx: unknown command '\z'

mysqldumpで出力したダンプファイルをmysqlでインポート中に、

error at line 301: unknown command '\z'

というエラーになった。
エラーに出ているダンプファイルの301行目は、longblobのカラムを持つテーブルへのデータのINSERT。
mysqldumpで --hex-blob オプションを付けて出力するようにすると、エラーを回避できた。
ただしダンプしたファイルのサイズは大きくなる。
Mysqldump and Error "Unknown command '\0′" | Mister Nerd's Blog
MySQL :: MySQL 5.1 リファレンスマニュアル :: 7.12 mysqldump -- データベースバックアッププログラム

--hex-blob
16進変換表記法を使用しているバイナリカラムをダンプします(例えば、'abc'は0x616263となります)。影響を受けるデータタイプはBINARY、VARBINARY、BLOB、そしてBITになります。

MacPortsでphp5−mysqlをインストール

$ sudo port install php5-mysql
Password:
--->  Computing dependencies for php5-mysql
--->  Fetching php5-mysql
--->  Verifying checksum(s) for php5-mysql
--->  Extracting php5-mysql
--->  Configuring php5-mysql
--->  Building php5-mysql
--->  Staging php5-mysql into destroot
--->  Installing php5-mysql @5.3.0_0+mysqlnd
To use mysqlnd with a local MySQL server, edit /opt/local/etc/php5/php.ini and set
mysql.default_socket, mysqli.default_socket and pdo_mysql.default_socket
to /opt/local/var/run/mysql5/mysqld.sock
--->  Activating php5-mysql @5.3.0_0+mysqlnd
--->  Cleaning php5-mysql

 表示されているメッセージにあるように、php.iniにdefault_socketを設定するのを忘れないこと。

To use mysqlnd with a local MySQL server, edit /opt/local/etc/php5/php.ini and set
mysql.default_socket, mysqli.default_socket and pdo_mysql.default_socket
to /opt/local/var/run/mysql5/mysqld.sock