「Ruby」カテゴリーアーカイブ

CentOS6にRuby-2.5.0をインストール

CentOS6にRuby-2.5.0をソースからインストールしようとすると、makeでエラーが発生してインストールできない。
CentOS6のgccが古いためにエラーになっている。

$ ./configure --prefix=/opt/ruby-2.5.0 --disable-install-doc
$ make
...(略)
prelude.c: In function ‘prelude_eval’:
prelude.c:204: error: #pragma GCC diagnostic not allowed inside functions
prelude.c:205: error: #pragma GCC diagnostic not allowed inside functions
prelude.c:221: error: #pragma GCC diagnostic not allowed inside functions
トップレベル:
cc1: 警告: unrecognized command line option "-Wno-self-assign"
cc1: 警告: unrecognized command line option "-Wno-constant-logical-operand"
cc1: 警告: unrecognized command line option "-Wno-parentheses-equality"
cc1: 警告: unrecognized command line option "-Wno-tautological-compare"
make: *** [prelude.o] エラー 1

Bug #14234: Failed to build on CentOS 6.9 - Ruby trunk - Ruby Issue Tracking System

Ruby-2.5.1では修正されるようだが、とりあえずsclのdevtoolsetを使ってインストールできる。

CentOS6にsclのdevtoolsetをインストール

/etc/profile.dに以下のようなファイルを作成しておけば、システム起動時からsclでインストールしたdevtoolsetが有効になるので、passengerのインストールやCapistranoでビルドが必要なgemのインストールもOK。(下記はdevtoolset-4の場合の例)

$ cat /etc/profile.d/enabledevtoolset-4.sh
#!/bin/bash
source scl_source enable devtoolset-4

Install Ruby 1.9.3 with libyaml on CentOS

CentOS 5.8にRuby 1.9.3をソースからインストール後、gemを実行したら、

It seems your ruby installation is missing psych (for YAML output).
To eliminate this warning, please install libyaml and reinstall your ruby.

というワーニングが出た。

libyamlはyumになかったので、LibYAML – PyYAMLからソースをダウンロードしてインストール。
その後Ruby 1.9.3を再インストールしたらワーニングは出なくなった。

Install Ruby 1.9.3 with libyaml on CentOS // Collective Idea.

gemを全部削除する

わけあって、インストールされているgemを全部削除した。
手順は、以下の通り。

  1. gem listでインストールされているgemをリストする。
  2. リストしたgemのかっこで囲まれたバージョン情報のところと改行を削除して、スペース区切りのリストにする。
  3. 以下で一括削除。
    $ sudo gem uninstall -Ixa actionpack activemodel activerecord ...(以下gemのスペース区切りリスト)

optionの意味は、

-a, --[no-]all                   Uninstall all matching versions
-I, --[no-]ignore-dependencies   Ignore dependency requirements while
                                 uninstalling
-x, --[no-]executables           Uninstall applicable executables without
                                 confirmation

もっと良い方法がありそうだけど。

cronでRVMのRubyを使う

RVMで複数のRuby環境がある場合に、Railsアプリケーションのためのcronをどうするか? Rubyのパスはフルパス指定すればいいが、gemがRVMのgemを見に行かないのが問題。RVM環境でcronを実行する必要がある。

RVM: Ruby Version Manager - Using Cron with RVM

cron用のシェルスクリプト内で使用するRVM環境をロードするには以下のようにする。

まず、環境ファイルのパスを確認。

$ rvm env --path -- ruby-version[@gemset-name]

実行例

$ rvm env --path -- 1.8.7-p371
/Users/pistolfly/.rvm/environments/ruby-1.8.7-p371

cron用のシェルスクリプトで環境ファイルを読み込む

source /Users/pistolfly/.rvm/environments/ruby-1.8.7-p371

/home/pistolfly/app_dir
ruby script/runner -e production "ActiveRecord::SessionStore::Session.delete_all(['sessions.updated_at < ?', 6.hours.ago])"

Mac OS X Lion RVMのRuby1.9.3でSegmentation fault

RVMでMac OS X LionにRuby1.9.3をインストール後、bundleしたらSegmentation faultが発生。

$ bundle
Fetching source index for https://rubygems.org/
/Users/pistolfly/.rvm/rubies/ruby-1.9.3-p0/lib/ruby/1.9.1/net/http.rb:799: [BUG] Segmentation fault
ruby 1.9.3p0 (2011-10-30 revision 33570) [x86_64-darwin11.3.0]
...

解決方法

$ rvm pkg install openssl
$ rvm install 1.9.3 --with-openssl-dir=$rvm_path/usr

Ruby 1.9.3 + Rails 3.2.1 で segmentation fault -> 解決 - さとうようぞうのblog
RVM: Ruby Version Manager - 'rvm pkg install openssl'