gitkのエンコーディングを設定する

gitkはシステムのデフォルトエンコーディングで表示しようとするため、たとえば内容がUTF-8の場合にWindowsのcygwinのgitkでdiffの内容が文字化けしたりする。
そういう場合は、gui.encodingを設定する。

$ git config --global gui.encoding utf-8

CSSでfloatを指定したボックスを含むボックスの背景が出なくなる

CSSでfloatを指定したボックスを含むボックスの背景が出なくなる件 - Fsiki
IE7対策には、"min-height: 1em"

一点注意しなければならないのは、#containerCに記述されている"min-height: 1em"の記述です。 これはボックスの最小高さを指定するもので、現在リリースされているモダンブラウザでサポートされています(IE6は含まれません)。
この指定を入れることでIE7で外側のボックスの高さをフロートした内側のボックスの高さに合わせて拡張することができます。
"1em"の高さ自体は1pxでも1%でもなんでもよいと思います。

Create SSL certificate valid with 365 days, by Debian make-ssl-cert mini-HOWTO

Create SSL certificate valid with 365 days, by Debian make-ssl-cert mini-HOWTO | Drupal
/usr/sbin/make-ssl-cert で作成される証明書は、期限が30日。この期間を長くする。
/usr/sbin/make-ssl-certを以下のように変更。( -days 365を追加する。)

openssl req -config $TMPFILE -new -days 365 -x509 -nodes -out $output -keyout $output > /dev/null 2>&1

make-ssl-certは、以下のように実行する。

$ sudo /usr/sbin/make-ssl-cert /usr/share/ssl-cert/ssleay.cnf /etc/apache2/ssl/xxxxxx.pem