userのデフォルトcultureを設定する

/apps/APPNAME/config/settings.yml

all:
  .settings:
    i18n:         on

/apps/APPNAME/config/i18n.yml

default:
  default_culture: ja_JP

これで、ユーザのデフォルトのcultureがjaになるので、i18nヘルパーなどに反映される。
viewで使用する例:
/apps/APPNAME/config/view.yml

default:
  http_metas:
    content-type: text/html
  metas:
    title:        myproject
    robots:       index, follow
    description:  myproject
    keywords:     myproject
    language:     "<?php $lang = explode('_', sfContext::getInstance()->getUser()->getCulture()); echo $lang[0] ?>"
  stylesheets:    [main]
  javascripts:    [ ]
  has_layout:     on
  layout:         layout

/apps/APPNAME/templates/layout.php

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="<?php $lang = explode('_', $sf_user->getCulture()); echo $lang[0] ?>" lang="<?php echo $lang[0] ?>">
<head>

cronの設定

http://www.express.nec.co.jp/linux/distributions/knowledge/system/crond.html
http://cyberam.dip.jp/linux_foundation/taskschedule/cron_main.html

SHELL 使用するシェルの設定
PATH パスの定義
MAILTO 指定されたユーザ宛にcronの実行結果をメール送信する(空白の場合(MAILTO="")はメール送信を行わない。 またMAILTO自体を記述しない場合は/etc/crontabの所有者にメール送信される。)また複数のユーザを指定したい 場合はユーザ名をカンマ(,)で区切る。
HOME コマンドを実行する際のホームディレクトリの設定