userのデフォルトcultureを設定する

/apps/APPNAME/config/settings.yml

all:
  .settings:
    i18n:         on

/apps/APPNAME/config/i18n.yml

default:
  default_culture: ja_JP

これで、ユーザのデフォルトのcultureがjaになるので、i18nヘルパーなどに反映される。
viewで使用する例:
/apps/APPNAME/config/view.yml

default:
  http_metas:
    content-type: text/html
  metas:
    title:        myproject
    robots:       index, follow
    description:  myproject
    keywords:     myproject
    language:     "<?php $lang = explode('_', sfContext::getInstance()->getUser()->getCulture()); echo $lang[0] ?>"
  stylesheets:    [main]
  javascripts:    [ ]
  has_layout:     on
  layout:         layout

/apps/APPNAME/templates/layout.php

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="<?php $lang = explode('_', $sf_user->getCulture()); echo $lang[0] ?>" lang="<?php echo $lang[0] ?>">
<head>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください