StandardsSpeak

Martin Fowler's Bliki in Japanese - StandardsSpeak
(以下引用)

多くの標準文書を読むと、大量のコーヒーが必要というのもあるが、いくつかの言葉の意味に気を付ける必要がある。
標準では、shall(すべきである)を絶対的に守らなければならない事柄を示すときに使う(また、shall not(すべきでない)を絶対的に禁止する事項を示すときに使う)。 shallに違反すると、標準に従っていないことになる。 requiredmustは同義語である。
should(するとよい)は少し弱い言葉である。 shouldは提言を示している。標準に従ってもらいたいが、違反しても標準に従っていないということにはならない。 recommendedは同義語である。
may(してもよい)は任意の機能である。その機能が存在していようがしてなかろうが、実装を使うことはできるはずだ。
上記の言葉については、オフィシャルなバージョンがRFC 2119に載っている。
normative(規範)は標準の一部になっている。 non-normativeなセクションは背景情報や説明などである。提案実装技術は、標準のコンセプトを明確にするため、non-normativeセクションで提案されている。しかし、書き手はそれによって実装を強制しようとは思っていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください