postfixでサブミッションポートに対応する

Outbound Port 25 Blockingが導入されているISPからの接続でメールを送信できるようにするため、postfixがサブミッションポートでもListenするように設定した。
1. /etc/postfix/master.cf の以下の部分のコメントを外す。

#submission inet n      -       n       -       -       smtpd

2. 設定したら、postfixをリロード。

# /etc/init.d/postfix reload

3. ファイアウォールで587番ポートを開ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください