gitolite

gitosisを使っていたが、gitosisではブランチごとにパーミッションを設定できない。
gitoliteではブランチごとにパーミッションを設定できるらしいので、インストール、設定してみた。
sitaramc/gitolite - GitHub

インストール

http://sitaramc.github.com/gitolite/install.html の、root methodで行った。

設定

http://sitaramc.github.com/gitolite/admin.html
ユーザ、レポジトリの追加方法、パーミッションの設定など。

感想

gitoliteはよい!
gitosisではできないブランチごとのパーミッション設定が可能だし、設定ファイルもgitosisよりきれいで分かりやすい。(特にレポジトリが多くなった場合。)
また、ドキュメントも充実していて分かりやすいので、インストールや設定が楽だった。

その他

  • /etc/ssh/sshd_config にAllowUsersを設定している場合は、gitoliteユーザを追加すること。
  • gitoliteで管理しているレポジトリを Redmineのレポジトリブラウザで使用する場合、パーミッションに注意。
    gitoliteのデフォルトでは、push時にファイルのパーミッションが600になるので、Redmineの実行ユーザがgitoliteユーザと異なると、

    redmine fatal: Failed to resolve HEAD as a valid ref.
    

    というエラーになる。
    push時に作成されるファイルのパーミッションを変更するには、 gitoliteユーザの.gitolite.rcを以下のように編集する。

    #$REPO_UMASK = 0077; # gets you 'rwx------'
    #$REPO_UMASK = 0027; # gets you 'rwxr-x---'
    $REPO_UMASK = 0022; # gets you 'rwxr-xr-x'
    

    Redmine - redmine read git repo without having to reset - Redmine

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください