/etc/fstabの記述ミスで起動できなくなった場合

fdiskでパーティションを削除した後、/etc/fstab に削除したパーティションのエントリを残したままサーバを再起動したところ、起動時のファイルシステムチェックでエラーになり、起動しなくなってしまった。
その対処方法。

  1. エラー画面でrootパスワードを入力してメンテナンスモードに入る。
  2. / が読み取り専用モードでマウントされているため、書き込み可能なようにマウントし直す。これをしないと、fstabを編集できない。

    # mount -o remount,rw /
    
  3. fstabの不要エントリ(実際には削除されているが、エントリに残っているディスクパーティション)を削除。

    # nano /etc/fstab
    
  4. システムを再起動。
    # shutdown -r now
    

/etc/fstabの記述ミスでOSブート不能 - shibainu55日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − eleven =