Ubuntu(14.04 LTS)のEmacsでC-M-sが効かない

Ubuntu(14.04 LTS)のEmacsで、C-M-s(デフォルトではisearch-forward-regexp、ぼくはvisual-regexp、visual-regexp-steroidsのvr/isearch-forwardに割り当てている)を押しても効かない。代わりにウィンドウが隠れてしまう。

原因は、Ubuntuのキーボードショートカットで、Ctrl+Alt+Sがウィンドウのシェードの状態の切り替えに割り当てられているためだった。

toggle_shared_state

解決方法

「システム設定」> 「キーボード」の「ショートカット」タブで、「ウィンドウ」の「シェードの状態の切り替え」を無効にするか別のキーボードショートカットを割り当てる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください