CentOS6にRuby-2.5.0をインストール

CentOS6にRuby-2.5.0をソースからインストールしようとすると、makeでエラーが発生してインストールできない。
CentOS6のgccが古いためにエラーになっている。

$ ./configure --prefix=/opt/ruby-2.5.0 --disable-install-doc
$ make
...(略)
prelude.c: In function ‘prelude_eval’:
prelude.c:204: error: #pragma GCC diagnostic not allowed inside functions
prelude.c:205: error: #pragma GCC diagnostic not allowed inside functions
prelude.c:221: error: #pragma GCC diagnostic not allowed inside functions
トップレベル:
cc1: 警告: unrecognized command line option "-Wno-self-assign"
cc1: 警告: unrecognized command line option "-Wno-constant-logical-operand"
cc1: 警告: unrecognized command line option "-Wno-parentheses-equality"
cc1: 警告: unrecognized command line option "-Wno-tautological-compare"
make: *** [prelude.o] エラー 1

Bug #14234: Failed to build on CentOS 6.9 - Ruby trunk - Ruby Issue Tracking System

Ruby-2.5.1では修正されるようだが、とりあえずsclのdevtoolsetを使ってインストールできる。

CentOS6にsclのdevtoolsetをインストール

/etc/profile.dに以下のようなファイルを作成しておいてシステムを再起動すれば、システム起動時からsclでインストールしたdevtoolsetが有効になるので、passengerのインストールやCapistranoでビルドが必要なgemのインストールもOK。(下記はdevtoolset-4の場合の例)

$ cat /etc/profile.d/enabledevtoolset-4.sh
#!/bin/bash
source scl_source enable devtoolset-4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + eighteen =