Ubuntuでlocaleを追加、設定する

locale-genで使用できるようになるロケールは、/usr/share/i18n/SUPPORTEDで確認できる。
以下の例では、SUPPORTEDにあるja_JP.UTF-8を、追加(locale-gen)、設定(update-locale)している。

$ sudo locale-gen ja_JP.UTF-8
Generating locales...
  ja_JP.UTF-8... done
Generation complete.
$ sudo /usr/sbin/update-locale LANG=ja_JP.UTF-8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください