システムデータ型などtypedefされた型の実際の型を調べる

gdbのptypeを使うのが簡単。
例えば、以下のfoo.c。

#include <sys/types.h>
struct st { int i; char c; };
typedef int Array[10];
typedef struct st St;
int main(void)
{ 
  size_t s1;
  ssize_t s2;
  pid_t pid;
  Array arr;
  St st1;
  return 0;
}
$ gcc -Wall -g -o foo foo.c
$ gdb foo
(gdb) b main
(gdb) run
(gdb) ptype s1
type = long unsigned int
(gdb) ptype size_t
type = long unsigned int
(gdb) ptype s2
type = long int
(gdb) ptype ssize_t 
type = long int
(gdb) ptype pid
type = int
(gdb) ptype pid_t
type = int
(gdb) ptype arr
type = int [10]
(gdb) ptype Array 
type = int [10]
(gdb) ptype st1
type = struct st {
    int i;
    char c;
}
(gdb) ptype St
type = struct st {
    int i;
    char c;
}

のように、
ptype 式や型名
で実際の型が表示される。
配列の場合はサイズが表示されるし、構造体の場合はメンバの型が表示されるので便利。
以下のように、gccの-Eオプションでプリプロセッサの出力調べても分かりそうだが、面倒くさいし、追い切れないかもしれない。

$ gcc -E foo.c | grep ssize_t
typedef long int __ssize_t;
typedef __ssize_t ssize_t;
(以下略)

このシステム(x86_64 GNU/Linux)では、ssize_tは
__ssize_t => long int

$ gcc -E foo.c | grep ssize_t
typedef long __darwin_ssize_t;
(中略)
typedef __darwin_ssize_t ssize_t;
(以下略)

このシステム(Mac OS X)では、ssize_tは
ssize_t => __darwin_ssize_t => long
であることが分かる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください